2019年4月21日(日)

「富士通も大企業病だ」 田中社長の誤算
富士通復活シナリオ(上)

ネット・IT
エレクトロニクス
コラム(テクノロジー)
AI
IoT
2019/3/26 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内最大のIT(情報技術)企業、富士通が苦境に立っている。田中達也社長は自らが就任1年目の2015年に掲げた「営業利益率10%」「海外売上比率50%」という経営目標のうち後者を撤回。前者は社内外での認識より2年先送りの22年度の達成とした。田中社長は社長就任後の3年半をどう省みるのか。本人の独白から探る。

【次回記事】「社長より高い給料も」 富士通、田中社長の反攻策

■構造改革道半ば、利益率上昇せず

日経BPの関連記事

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報