2019年4月20日(土)

1月アルミ圧延品出荷2.1%減 半導体向け低調

環境エネ・素材
2019/2/27 13:51
保存
共有
印刷
その他

日本アルミニウム協会(東京・中央)は27日、1月のアルミ圧延品(板・押し出し品の合計)出荷量が前年同期比2.1%減の15万335トンだったと発表した。13カ月連続のマイナス。缶材、車向けといった主要分野は好調だったが、半導体や印刷版向けなど、その他の分野での落ち込みが大きく、全体を押し下げた。

自動車向けは好調(神戸製鋼所のアルミ製品)

18年にペットボトルコーヒーに押された缶向けの板類は、ビール販売の好調を受けて3.9%増の3万462トン、自動車向け板類は車体軽量化の流れを受け8.7%増の1万4888トンだった。板類の輸出は1.2%増の1万3045トン。

中国経済の減速による半導体需要の落ち込みで、半導体製造装置向けが減少。紙媒体の印刷版向けも低調で、板類全体では3.3%減の8万9183トンとなった。

建設向けを中心とする押し出し類は合計で0.3%減の6万1152トン。前年同期と比べてほぼ横ばいだった。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報