/

日銀片岡委員「物価目標達成へ追加緩和を」

日銀の片岡剛士審議委員は27日、高松市内での講演で「(日銀が目標とする)2%に向けて物価上昇率が高まる蓋然性は現時点では低い」と述べ、金融緩和強化の必要性を主張した。世界景気の不確実性の高まりから、国内経済の「回復の勢いは弱い」との認識を表明。デフレ脱却に向けて「財政・金融政策のさらなる連携」も重要だと話した。

同氏は現行の金融政策維持を決めた1月の金融政策決定会合で反対しており、かねて追加緩和の必要性を主張している。

日銀は1月の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で2018~20年度の物価見通しを引き下げた。片岡氏は講演で、見通しを修正しても金融政策を変えない状況に対して「物価目標実現への信認が強まるとは考えにくい」とし、期待インフレ率がけん引する物価上昇は難しいとの考えを示した。

また、消費税率引き上げ後は「経済の持ち直しは緩慢なペースになる」と指摘。前回の増税後の「消費の拡大テンポがかなり緩慢であることが気がかりだ」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン