/

この記事は会員限定です

世界の富豪「ニシキゴイ」に夢中 1匹2億300万円も

[有料会員限定]

「泳ぐ芸術品」とも呼ばれる日本のニシキゴイ。約200年前、江戸時代に誕生した観賞魚が、その美しさから日本だけでなく世界の人々を魅了している。輸出額は5年間で35%増。国内で開かれるオークションでは海外の富豪が競り合い、1匹2億円以上の高値も付く。1キロあたりの単価ではクロマグロをしのぐ「ぶっちぎりのトップ」(水産庁)となっている。

2月上旬、全世界の愛好者が自慢の魚を出品して美しさを競うワールド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン