2019年8月19日(月)

1月の投信購入額、10年ぶり低水準 相場急落で買い手控え

2019/2/27 11:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人の投資信託の買いが細っている。投資信託協会によると、1月の投信購入額は、約10年ぶりの低水準となった。昨年末の株式相場急落で個人投資家の損失が膨らみ、投資余力が乏しくなった。足元でも買い意欲は鈍く、購入額は低水準なままだ。

1月の購入額(上場投資信託を除く)は1兆1132億円。日経平均がバブル後安値(7054円)を付けた2009年3月以来の低水準だった。売却額(9946億円)を差し引いた純資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。