2019年8月20日(火)

鳥取発「白雪ひらめ」本格販売、寄生虫付きにくく

2019/2/27 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR西日本は鳥取県で陸上養殖されたヒラメの本格的な販売を始めた。同社が「白雪ひらめ」と命名し、地下からくみ上げた海水を使うことで寄生虫が付きにくい特徴を持つ。同社が指定する基準で生産管理された水産物だけを販売促進するブランド戦略の柱で、産地の水産振興にも貢献しようという取り組みだ。

大阪・梅田にある高級回転すしチェーン「長次郎」の店舗で15日、白雪ひらめの試験販売が始まった。さっそく、ヒラメの握…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。