/

この記事は会員限定です

鳥取発「白雪ひらめ」本格販売、寄生虫付きにくく

[有料会員限定]

JR西日本は鳥取県で陸上養殖されたヒラメの本格的な販売を始めた。同社が「白雪ひらめ」と命名し、地下からくみ上げた海水を使うことで寄生虫が付きにくい特徴を持つ。同社が指定する基準で生産管理された水産物だけを販売促進するブランド戦略の柱で、産地の水産振興にも貢献しようという取り組みだ。

大阪・梅田にある高級回転すしチェーン「長次郎」の店舗で15日、白雪ひらめの試験販売が始まった。さっそく、ヒラメの握りや刺し身を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン