インフラの技術開発 政府が新融資制度 中小に最大5億円

2019/2/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府はインフラ整備に使える最先端の技術を開発した企業に最大5億円を融資する新制度をつくる。政府調達に入りにくかった中小・ベンチャー企業を対象に、国立研究開発法人を通じて無利子で貸し付ける。研究期間は5年間以内。成果が出なければ最大で返済額の7割を免除する。公共事業を担える企業を育て、インフラを効率的に整える体制をつくる。

相次ぐ自然災害を受け、政府はこれから3年間でインフラ整備に3兆円以上を投じ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]