2019年8月25日(日)

トラフグなど地元食材ふんだん、ミカサが弁当新商品

2019/2/26 22:00
保存
共有
印刷
その他

学校・事業所給食や弁当の宅配事業を手掛けるミカサ(浜松市)は遠州灘産トラフグのからあげなど地元の食材を使った料理をふんだんに盛り込んだ新商品「おもてなし弁当」(税別1200円)を発売した。

遠州灘産トラフグや遠州もち豚などの食材をふんだんに使った

料理はほかに、遠州もち豚の角煮、うなぎいもと三方原ばれいしょのサラダなど、ご当地の食材にこだわり、社内で調理した。健康に配慮して食物繊維も豊富に含み、1日に推奨される半分を補えるという。

ミカサのホームページなどで5個から注文を受け付けている。主に催事や会議食、高齢者施設でのイベントでの利用を見込んでおり、年間に2千食の販売を目指す。旅行会社やサービスエリアなど向けに販売することも検討している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。