/

北ガス、ガス空調システム遠隔管理 自動で省エネ制御

北海道ガスは業務用のガス空調システムの運転状態を遠隔管理し、自動で省エネ制御するサービスを27日から始める。自動制御によって室温を設定温度に緩やかに近づけていくことで、快適さを損なうことなく冷暖房時のガス使用量を従来比で1~2割程度削減できるという。

空調システムに取り付けた監視装置の情報を無線でサーバーに送り、自動制御する。東京ガスが開発し、道内では初めての導入となる。システムの故障を即時に把握して迅速な修理につなげるほか、故障の予兆を検知していち早く保守作業することも可能となる。

対象となる「ガスヒートポンプエアコン」はオフィスビルやホテル、商業施設などが設置する冷暖房システム。北ガスの供給区域内では約8千台が使われている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン