2019年8月24日(土)

勝負はこれから

フォローする

楽天・ブラッシュ、打撃のモデルは仰天の…
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2019/3/5 6:30
保存
共有
印刷
その他

古くは前かがみのクラウチングスタイルで首位打者となったフェリックス・ミヤーン(大洋=現DeNA)から、せわしなくバットを揺り動かしてタイミングを取っていたベン・オグリビー(近鉄)、構える前の上体の反り返りに特徴があったアレックス・カブレラ(西武など)ら、歴代の外国人選手は個性的なフォームで楽しませてくれた。今年楽天に加入したジャバリ・ブラッシュもまた、見た目にも楽しい実力派エンターテイナーになるかもしれない。

元ロッテ・フランコの打撃フォームを思い出させる楽天・ブラッシュ=共同

元ロッテ・フランコの打撃フォームを思い出させる楽天・ブラッシュ=共同

フリオ・フランコが、現役に復帰したのか――。昨年、メジャーを取材した際、エンゼルス・大谷翔平の同僚として打席に立った選手を見て、時間感覚が一瞬まひした。それがブラッシュだった。

高い位置に構えたバットがほぼ地面と平行になって、ヘッドが投手の方を向いている。それがフランコとそっくりだったのだ。

フランコは1980年代から2000年代にかけてメジャーで活躍し、通算2586安打を積み重ねた打撃の名選手だった。日本のロッテでも1995、98年の2シーズンプレーしている。

バットのヘッドの位置が、インパクトのポイントから最も遠くなる構えで、少年野球ではお薦めできないフォームにもみえたが、実にシュアだった。インパクトまでの長い軌道を通るうちに、ヘッドのスピードが乗っていたためか、右打者のフランコが外角球に合わせただけのような打球も、右翼フェンス際まで飛んでいった。その独特のフォームと合わせ、記憶に残る外国人の一人となっている。

「参考にしたのはサダハル・オウ」

そのフォームに、ブラッシュはならったのか? エンゼルスのときは聞きそびれてしまったが、楽天の選手として来日し、尋ねることができた。

答えは衝撃的だった。「違うよ。私が参考にしたのはサダハル・オウ(王貞治)のフォームだよ」。まさか……。

そもそも、来日するまでフランコのことは知らなかった、という。フランコのフォームを脳裏に焼き付けている日本の記者が、こぞって「似ている」と指摘したことで、初めてそのフォームの先駆者がいると知ったのだそうだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
11日のロッテ戦で通算100本塁打となる6号2ランを放つ栗山=共同共同

 18年間、プロ野球の西武ひと筋でプレーしてきた栗山巧(35)が通算100号に到達した。1本の本塁打より、2本、3本の安打の方がうれしいと話すが、ライオンズの伝統を受け継ぐチームの顔の記念碑には、やは …続き (8/20)

西川は高めのボール球でもやすやすとスタンドまで運んでみせる=広島共同

 アマチュアの世界ではご法度とされる悪球打ちも、プロの世界では華麗なショーになりうる。今、その「曲打ち」の妙を楽しむなら、広島・西川龍馬(24)がお薦めだ。
 7月24日の中日戦。先頭打者として左打席に …続き (8/6)

19日のオリックス戦、中村は通算400号となる一撃で延長戦にけりをつけた=共同共同

 史上5位のスピード記録となる出場1611試合目にしての400号を放った西武・中村剛也(35)。パワー、技術が不可欠なのはもちろんだが、記録を可能にした一番の要素は、どんなときでも半端なスイングはしな …続き (7/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。