/

この記事は会員限定です

4~12月期の新興企業の最終増益額 半導体関連が上位

[有料会員限定]

新興市場で業績を伸ばした企業はどこか。東証マザーズ、ジャスダックなど全国の新興5市場に上場している企業を対象に2018年4~12月期の純利益について、前年同期比の増加額をランキングしたところ、上位には半導体の需要拡大を追い風にした企業が目立った。

3位のハーモニック・ドライブ・システムズは半導体の製造装置向けの部品が好調で「フル生産が続いた」(広報担当)という。17年ごろから国内外で引き合いが強まり、受注残が積み上がったためだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン