/

この記事は会員限定です

巨大「ものさし」福井の宝 年縞博物館特別館長 山根一眞氏

(語る ひと・まち・産業)

[有料会員限定]

 ■ノンフィクション作家、山根一眞氏(71)は東京都出身にもかかわらず「東京在住福井県人」と自称するほどの福井県ファン。昨年9月に開館した「福井県年縞博物館」の特別館長を務めている。

「三方五湖の1つ、水月湖は別の湖と細い水路でつながっているだけで、周辺を山に囲まれており、水面がいつも穏やかな状態で保たれている。このため、水がかき乱されることがなく、飛来した土砂や花粉、火山灰などが層状に7万年分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1361文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン