/

この記事は会員限定です

配送や避難、最適ルート提示 量子計算機、実用段階に

デンソーなど、応用広がる

[有料会員限定]

「夢の超高速計算機」とされる量子コンピューターの応用が実用段階に入った。デンソーは工場で使う無人配送車の効率的な動かし方、東北大学は津波発生時の避難経路探しに使えることを確かめた。現在の計算機では膨大な時間がかかる複雑な問題を一瞬で解き、ビジネスや社会が抱える課題の解決に役立つ。応用に向けたソフト開発が一気に進みそうだ。

量子計算機は原子よりも小さい世界の物理法則を示す量子力学の現象を利用する。膨大な選択...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン