2019年6月24日(月)

ベトナム政府高官出迎え 歓迎演出

2019/2/26 11:43
保存
共有
印刷
その他

【ドンダン(ベトナム北部)=岸本まりみ】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長を乗せた列車が26日朝、中国との国境近くにあるベトナム北部ランソン省のドンダン駅に到着した。早朝から地域住民が駅周辺で待機するなど、ベトナム政府は55年ぶりとなる北朝鮮首脳の訪問に歓迎ムードを演出した。

8時15分、小雨が降り続き、肌寒い空気の中、ドンダン駅に列車が止まると、トランペットの演奏が響いた。

ドンダン駅で沿道の住民に手を振る金正恩氏=ロイター

ドンダン駅で沿道の住民に手を振る金正恩氏=ロイター

金正恩氏はプラットホームに降り立つと、出迎えたベトナム政府高官と握手した。妹の与正(ヨジョン)氏や金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長、李洙墉(リ・スヨン)党副委員長ら幹部の姿もあった。

黒い人民服に身を包んだ金正恩氏は、ベトナムの伝統衣装アオザイを着た女性たちがベトナムと北朝鮮の旗を振って沿道で出迎えると、笑顔で手を振った。

駅構内から敷かれた赤いカーペットの上を進み、黒いベンツに乗り込んだ。車の窓を開けて集まった周辺住民に大きく手を振ると、沿道から歓声があがった。

ドンダン駅で金正恩氏の訪問を歓迎する地元住民=ロイター

ドンダン駅で金正恩氏の訪問を歓迎する地元住民=ロイター

金正恩氏が乗った車は屈強な警護員たちが走りながら取り囲んだ。2018年4月の板門店での南北首脳会談や、6月の米朝首脳会談でも見られたおなじみの光景が再現された。ベンツはパトカーや白バイに先導され、米朝首脳会談の会場となるハノイへと向かった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報