5Gの基地局開設、携帯4社が申請

2019/2/26 10:07
保存
共有
印刷
その他

総務省は26日、超高速大容量の次世代通信方式「5G」についてNTTドコモKDDIソフトバンク、楽天モバイルネットワークの4社から基地局開設の申請があったと発表した。今後、同省が重視する地方での普及や格安スマートフォン事業者の回線提供などに関する計画を審査し、4月10日の電波監理審議会(総務相の諮問機関)で認定する。

認定されれば国内で初の5G向け電波の割り当てとなる。5Gは最高伝送速度が現在の携帯通信の100倍に達し、2時間の映画を3秒でダウンロードできるとされる。通信の遅れが少なく、多数の機器に同時接続できるのも特長だ。自動運転や遠隔医療、あらゆるモノがネットにつながるIoTなど様々な応用が期待されている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]