/

この記事は会員限定です

白金価格下押しするパラジウム高 南アの減産進まず

(更新) [有料会員限定]

ディーゼル車の排ガス触媒や宝飾品に使う貴金属のプラチナ(白金)。需要減観測による安値が続くが、鉱山会社の減産機運は乏しく生産量は横ばいが続く。背景にあるのがプラチナ鉱石に含まれ工業用に使うパラジウムやロジウムの高騰。鉱山会社が採算のよい貴金属の生産を絞れず、結果的にプラチナの供給圧力が強まる構図が浮かぶ。

プラチナのニューヨーク先物は2014年から下落傾向が続き、18年8月に1トロイオンス700ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り905文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン