2019年8月26日(月)

近隣条項から韓国除外を 教科書検定巡り稲田氏

2019/2/25 23:57
保存
共有
印刷
その他

自民党の稲田朋美総裁特別補佐は25日、東京都内で講演し、日本の教科書で近現代史を扱う際にアジア諸国への配慮を求める教科書検定基準の「近隣諸国条項」の見直しを訴えた。悪化する日韓関係に触れ「韓国はでたらめなことを言う。日本は大人の対応をやめ、条項から韓国だけは除外すると宣言すべきだ」と述べた。

防衛相時代の2016年8月15日に靖国神社参拝を見送ったことに関し「初めて参拝できず、ものすごく悔しい。防衛相になる時、一番心配だったのは8月15日に参拝できるかどうかだった」と語った。政調会長を務めていた15年、防衛相退任後の17年を含め、8月15日の靖国参拝を恒例としている。

米朝関係も取り上げ、昨年6月の首脳会談の共同声明には、日本を射程に収める北朝鮮の中距離弾道ミサイル「ノドン」への言及がなかったと強調。「北朝鮮はノドンをいつでも、どこでも撃てる。むしろ危険性は強まっている」と指摘した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。