役所仕事1400年分削減 「可処分時間」の争奪戦
Neo economy(4)進化する経済

2019/2/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北欧エストニアの首都タリンのスーパー。会社員のカトリンさん(40)は手に持つスキャナーでパンや飲料のバーコードを読み取りかばんに入れた。セルフレジでカード決済し、買い物はわずか2分で終了。「以前はレジで待たされた。今は買い物が気楽になった」

政府の電子化を急ぐ同国では税の申告から処方箋の発行まで公的手続きの99%がオンラインで済む。その結果、1人当たり年間で平均2週間分の時間の余裕が生まれた。不…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]