北陸の輸出 機械が引っ張る 18年、全体4.3%増

2019/2/25 19:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪税関が25日発表した北陸3県の2018年の貿易統計によると輸出額は5224億円と前年比4.3%増加した。プラスは2年連続。好調な米国景気や地元企業の港湾活用を受け、機械類を中心に輸出通関の取り扱いが増えた。ただ、米中貿易摩擦で世界経済の不透明感が増し、年後半には勢いが鈍った品目も目立った。19年は輸出が伸び悩むとの見方が多い。

3県で輸出額が最も大きい石川県は8.7%増の2378億円。2年連…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]