千葉の食材味わえるイベント列車、JR東

2019/2/25 19:30
保存
共有
印刷
その他

JR東日本千葉支社は3月23日、千葉県内の観光地を巡り、車内で県産のブランドイチゴや落花生を味わえるイベント列車「チーバベリートレイン」を運行する。県内外から客を呼び込み、千葉の食材や観光地の魅力を伝える。

車内で千葉のブランドイチゴを使ったスイーツや落花生を楽しめる

大きな窓がついた観光列車「リゾートやまどり」を使い、東京・新宿駅を午前8時4分頃に出発する。車内では県が開発したイチゴの独自品種「チーバベリー」を使った特別スイーツを振る舞う。落花生の新品種「Qなっつ」を含む数種類の落花生の食べ比べや、八街ワインの試飲もできる。

列車は午前9時45分頃に上総一ノ宮駅に到着する。その後は、玉前神社(一宮町)の自由参拝やイチゴ狩り、老舗酒蔵の飯沼本家(酒々井町)の見学などが楽しめる。

東京の秋葉原駅や千葉の船橋駅などからも乗車でき、価格は東京都内の駅で乗車する場合で大人1人1万2000円。2人1組での申し込みとなる。定員は80人で26日から販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]