2019年6月25日(火)

新興企業、3四半期連続減益 10~12月最終6%減

2019/2/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新興企業の業績が息切れしている。2018年10~12月期の純利益は前年同期比6%減少し、3四半期連続で前年実績を下回った。人手不足を背景にサービス関連企業の不振が続いているほか、バイオなど新興市場の主役とされてきた企業が失速した。買収先の業績低迷で大幅減益となったRIZAPグループなど拡大戦略の修正を余儀なくされる企業も出ている。

東証マザーズ、ジャスダックなど全国新興5市場に上場し、継続して比…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報