渋谷109、「渋谷発フード」開発へ 今夏に専門店

2019/2/25 16:50
保存
共有
印刷
その他

SHIBUYA109エンタテイメント(東京・渋谷)は旗艦の商業ビル「SHIBUYA109」(同)に今夏、持ち帰り専門の食品専門店を開店する。自社ブランドを立ち上げ、ドリンクや軽食など、20代以下の若い世代が渋谷で食べ歩くことを想定した食品を開発する。「渋谷発の名物フード」の開発を通じ、同館への来店客を増やす狙い。

SHIBUYA 109にオープンするIMADA KITCHENのイメージ

同社が食品ブランドを立ち上げるのは初めて。新店「IMADA KITCHEN(イマダ キッチン)」は、自社で開発する通常商品を十数種類用意するほか、食品メーカーやタレントなどとコラボした商品を1~2カ月に1度程度、発売する。

「最近の若年層はファッションだけでなく食にも高い関心がある。食べ歩きしやすい渋谷の新名物で、集客を狙う」(担当社)。商品開発などは、カフェ運営のエスエルディー(東京・渋谷)のアドバイスも受ける。

イマダ キッチンで開発した商品は、直営店だけでなく外部出店やライセンス化なども行っていく予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]