北米の木材メーカー買収 大建工業、伊藤忠から取得

2019/2/25 16:42
保存
共有
印刷
その他

建材大手の大建工業は25日、米国とカナダの木材メーカーを4月下旬に買収すると発表した。金額はあわせて約130億円。日本では住宅建設の減少が見込まれており、人口拡大が続く北米市場で成長を狙う。

カナダのCIPA Lumberと米国のPACIFIC WOODTECHの全株式を保有する伊藤忠商事から、それぞれ51%を取得する。両社の株式の49%ずつを伊藤忠が引き続き保有することで経営のリスクを抑えながら、手薄だった北米市場に拠点を設ける。

伊藤忠は2018年9月、住宅事業の拡大を目的に大建工業と資本・業務提携した。同社への出資比率を29.9%から35%に引き上げ、海外事業などで協力する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]