/

この記事は会員限定です

「新内閣官僚」の胎動 安倍1強を超える官の伏流

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

首相の通算在任日数で吉田茂を抜き、憲政史上第4位に浮上した安倍晋三。首席秘書官の今井尚哉ら政治任用の「官邸官僚」たちが高い忠誠心で支える。目を凝らすと、その外延には首相官邸勤務で総合調整の経験を積んだ「新内閣官僚」の一群も生まれつつある。この源は縦割り行政を超克すべく首相主導を加速した小泉純一郎内閣まで遡る。これを第1次安倍内閣が寸断したのだが、再登板後の長期政権で官の伏流が再び姿を現した。

杉田官房副長官の去就

官邸でいま、去就に関心が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3123文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン