/

この記事は会員限定です

独自技術、海外で存在感 中堅の売上高比率上位

[有料会員限定]

日本経済のけん引役と期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、海外売上高比率の5年間の増加幅が大きい企業をランキングしたところ、独自の技術やコンテンツ力を持つ地方企業が目立った。各社は日本国内に研究開発などの拠点を残しながら、海外の成長市場を積極的に攻略している。地方の中堅企業の生き残り策の事例としても注目される。

1位 トリケミカル研究所 ニッチな薬品、少量多種

巨大プラントで大量生産のイメージがある化学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2672文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン