/

この記事は会員限定です

アンゴラ、国営石油の資産売却検討 効率化で開発専念

[有料会員限定]

アフリカ南部の産油国アンゴラが、石油産業の改革を急いでいる。アゼベド鉱物資源・石油相は都内で日本経済新聞の取材に応じ、同国の国営石油会社について、石油と関係が薄い資産の一部を売却する意向を示した。通信や建設の子会社が念頭にある。今後は同社を「採掘や精製、流通など中核事業に専念させる」考えで、減少傾向にある石油生産の歯止めにつなげるねらいだ。

アゼベド氏は国営石油会社ソナンゴルについて「民間の資金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り661文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン