2019年9月22日(日)

作品賞は「グリーンブック」人種を越えた友情、米アカデミー賞
「ボヘミアン・ラプソディ」が最多4部門

2019/2/25 13:44
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=平野麻理子】米映画祭で最高の栄誉であるアカデミー賞の第91回授賞式が24日(日本時間25日)ロサンゼルスで開かれた。作品賞は、天才黒人ピアニストと白人ドライバーの交流を描いた「グリーンブック」が受賞した。伝説の英ロックバンド「クイーン」の軌跡を追った「ボヘミアン・ラプソディ」が主演男優賞など最多4部門を制した。

米アカデミー賞のうち「ボヘミアン・ラプソディ」で主演男優賞をもらったラミ・マレック氏(ロサンゼルス)=ロイター

ネットフリックスが配給した「ROMA/ローマ」は監督賞(アルフォンソ・キュアロン監督)など3部門に輝いたが、期待されていた作品賞の受賞は逃した。動画配信会社が制作や配給を手掛けた映画の作品賞受賞はお預けとなった。作品賞を受賞した「グリーンブック」は偏見や差別が横行した1960年代に、人種を越えて友情を育む男性2人の姿をユーモアを交えて描いた脚本が高く評価された。

クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリー氏の半生を描いた「ボヘミアン・ラプソディ」が主演男優賞(ラミ・マレック氏)など最多タイの4部門を制した。今年の授賞式は司会者が不在で、クイーンの演奏で始まった。映画は日本をはじめ世界中で大ヒットを記録。日を追うごとに評価を上げ、アカデミー賞でも結果を残した。

外国語映画賞と長編アニメーション賞にそれぞれノミネートされていた日本の「万引き家族」(是枝裕和監督)と「未来のミライ」(細田守監督)は惜しくも受賞を逃した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。