スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

バスケ男子、W杯出場 地道な強化に新戦力融合

(1/2ページ)
2019/2/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

バスケットボール男子日本代表(世界ランキング47位)が大きな目標に掲げてきた今夏のワールドカップ(W杯、中国)出場を決めた。1年余で12試合というアジア予選で4連敗から8連勝。フィジカルと得点力不足に悩まされ続けたチームはBリーグと歩調を合わせた強化で土台をつくり、そこに個の力を持つビッグマンが融合して数段レベルを上げた。予選を突破してのW杯出場は21年ぶりで、1976年以来となる五輪出場へも大きく前進した。

シュート成功率も守備も向上

W杯切符がかかった中東での予選最後の2試合で、日本のプレーは攻守にさえわたっていた。大一番となった21日のイラン戦。格上を相手に序盤からエースの比江島(栃木)が外角シュートやゴール下への切り込みで得点を重ねて主導権を握ると、210センチのファジーカス(川崎)も正確にゴールを射抜いた。

守備でもラマス・ヘッドコーチ(HC)のもとで磨いてきたゾーンとマンツーマンを切り替えながら、最後まで足は止まらない。田中(A東京)、馬場(同)らがイランの得点源を厳しくマーク。相手の隙をつき、自陣からベテラン竹内譲(同)が何度も速攻の先陣を切った。

W杯2次予選でカタールに勝利し、W杯出場を決めた日本代表=共同

W杯2次予選でカタールに勝利し、W杯出場を決めた日本代表=共同

世界26位を97-89で押し切ると、最終のカタール戦は既に予選敗退が決まっていた相手に96-48と大勝。「シュート成功率がよくなり、守備も向上している。プレーの質が上がっている」。試合前の国内合宿で、ラマスHCは確かな自信を漂わせていたが、それはデータでも明確に裏付けられる。

フリースローを除いたシュート成功率は4連敗中は39.2%。それが今回のイラン戦で60.7%を記録するなど、8連勝中は51.4%へと大きく改善した。ミスを示すターンオーバーもイラン戦は12試合で最小の5。会心の試合で悲願を達成した選手たちは「試合を重ねるごとにチームが成長していった」と喜びをかみしめた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
女子個人総合決勝 シモーン・バイルスの床運動(10日、シュツットガルト)=共同共同

 予選、団体総合決勝に続く今大会3度目の登場で、3度目の会心の演技を余裕たっぷりに披露した。女王バイルスは「全体的にいい演技ができて最高の気分」と笑みを振りまき、史上最多となる5度目の栄冠の余韻に浸っ …続き (10/11)

男子400メートルリレーで日本は2大会連続の銅。今回は狙いにいって取ったという点で前回大会より価値がある=共同共同

 6日に閉幕した陸上の世界選手権で日本は3つのメダルを獲得した。ロード種目以外で唯一となった男子400メートルリレーは2大会連続の銅。彼らにしたら最低ラインかもしれないが、前回のロンドン大会より狙いに …続き (10/11)

男子団体総合で3位となり、表彰台に上がる日本チーム=共同共同

 【シュツットガルト(ドイツ)=本池英人】体操の世界選手権で団体総合金メダルを目指した日本男子は6種目合計258.159点で2年連続の3位となった。旧ソ連時代以来28年ぶりの優勝を果たしたロシアとの差 …続き (10/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]