2019年8月20日(火)

ベネズエラ軍から120人が離反 コロンビア発表

2019/2/25 10:35
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】コロンビア政府は24日、政情混乱が続くベネズエラから120人以上の将兵がマドゥロ政権から離反し、コロンビアに避難したと発表した。マドゥロ大統領が人道支援物資の受け取りを拒否するよう指示したことに対し、反抗の意志を示したという。依然として軍の大半がマドゥロ政権を支持している状況下、こうした情報を公開し、切り崩しを進める狙い。

24日、ベネズエラから離反した将兵と会談するコロンビアのドゥケ大統領(左)(コロンビア北部ククタ、コロンビア大統領府提供)=AP

コロンビアのラミレス副大統領が明らかにした。ラミレス氏は「1日のうちに120人以上の将兵が(野党指導者の)グアイド氏の指揮下に組み込まれた」と述べた。既に数名は地元メディアを通じ、グアイド氏を支持すると表明している。コロンビアのドゥケ大統領は同日、離反した将兵と会談した。

長引く経済危機で食料や医薬品が不足する中、マドゥロ政権を支える軍ですら、末端の将兵は十分な食料配給を受けていないとされる。「我が国に人道危機など存在しない」との主張し、支援物資の受け取りを拒否するマドゥロ氏への不信感は強まっている。

一方、23日に発生した支援物資の搬入を巡る国境地帯での衝突ではベネズエラ軍は組織としてマドゥロ政権の指示に従っている。野党陣営を支持するコロンビア政府は離反した将兵の話を流布することで、ベネズエラ軍内部の動揺を誘う。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。