/

富永健一氏が死去 東大名誉教授

富永 健一氏(とみなが・けんいち=東大名誉教授)2月23日、肺炎のため死去、87歳。自宅は東京都杉並区上高井戸2の5の11。告別式は2月26日午前11時から同区上高井戸1の27の15の医王寺。喪主は次女、麻衣子さん。

専門は経済社会学。社会階層や社会変動を独自に考察し、戦後日本の社会学をリードした。1996年に紫綬褒章を受章、2008年に文化功労者に選出された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン