/

この記事は会員限定です

辺野古移設「反対」、知事選39万上回る 沖縄県民投票

(更新) [有料会員限定]

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る県民投票は24日に投開票された。埋め立て計画への「反対」票が過半数となり、玉城デニー知事が2018年9月の知事選で得た約39万7千票を上回った。辺野古問題に絞った県民投票で反対の民意が改めて示された。政府が進める移設工事の進捗に影響を与えそうだ。

県によると投票率は期日前投票分を合わせて52.48%。

投票は14日に告示され、埋め立て計画につ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン