辺野古移設「反対」、知事選39万上回る 沖縄県民投票

2019/2/24 20:33 (2019/2/25 0:20更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る県民投票は24日に投開票された。埋め立て計画への「反対」票が過半数となり、玉城デニー知事が2018年9月の知事選で得た約39万7千票を上回った。辺野古問題に絞った県民投票で反対の民意が改めて示された。政府が進める移設工事の進捗に影響を与えそうだ。

県によると投票率は期日前投票分を合わせて52.48%。

投票は14日に告示され、埋め立て計画に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]