/

この記事は会員限定です

新生銀グループ、90億円でバイオ基金 第一生命など出資

[有料会員限定]

新生銀行グループは創薬などバイオ関連の事業に取り組むスタートアップ企業に出資するファンドを立ち上げた。総額91億円で医薬・健康向けで国内最大級という。第一生命保険や中小企業基盤整備機構なども参加。高齢化や人口減に対応した高い技術を持ちながら、資金調達が障壁となっている企業を支援する。

グループの新生キャピタルパートナーズがファンドを設立し、ヤマサ醤油や南都銀行など計8社も出資。追加の投資家を募り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン