/

S・ドーネン氏死去 映画監督「雨に唄えば」

スタンリー・ドーネン氏(米映画監督、振付師)2月21日、心不全のため東部ニューヨークで死去、94歳。米メディアが23日報じた。

「雨に唄えば」「掠奪された七人の花嫁」「くたばれ!ヤンキース」などの傑作ミュージカル映画を手掛け「ハリウッドミュージカルの王様」と呼ばれた。オードリー・ヘプバーンさん主演の「パリの恋人」「シャレード」などでも監督を務め、卓越した業績を残した映画人に贈られるアカデミー名誉賞を1998年に受賞した。(ロサンゼルス=共同)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン