2019年9月21日(土)

メジャーリポート

フォローする

マチャド獲得 330億円に込めたパドレスの野心
スポーツライター 杉浦大介

2019/2/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

フリーエージェント(FA)の目玉の一人、マニー・マチャド内野手が21日にパドレスと大型契約を結んだことが明らかになった。10年で総額3億ドル(約330億円)は、MLBのFA選手が結んだ契約としては史上最高額。この記録は未契約のブライス・ハーパーにすぐに破られる可能性も高いが、途方もない額であることに変わりはない。

昨季、地区最下位チームがなぜ

過去4年で平均159試合に出場し、35本塁打を放った球界屈指の強打の内野手マチャドが超巨額契約を得たこと自体は驚きではない。サプライズがあったとすれば、獲得したのがパドレスだったことだろう。

入団記者会見で笑顔を見せる、パドレスのマニー・マチャド内野手=共同

入団記者会見で笑顔を見せる、パドレスのマニー・マチャド内野手=共同

2007年以降プレーオフから見放されているパドレスは、昨季も66勝96敗でドジャースから25.5ゲーム離されてナ・リーグ西地区最下位だった。チーム打率はリーグ13位(.235)。防御率も同13位(4.40)で、8勝以上を挙げた先発投手はゼロ。端的に言って、"マチャドを獲得すれば一気に優勝争い"という段階にいるチームですらないのだ。今回の補強の後でも、ESPN.comのキース・ロウ記者は「今季のパドレスの勝ち星は70~75程度だろう」と予想している。

過去を振り返れば、パドレスは14年にもジャスティン・アップトン、マット・ケンプ、クレイグ・キンブレルといった大物を次々と獲得する大補強を敢行した。そのときもオフの間は"最大のウィナー"などと騒がれたが、翌15年は74勝88敗という成績に終わった。外様のタレントで表面を塗り固めても、チームの地盤がしっかりしていなかったことは明白だった。

パドレスは一昨年1月にウィル・マイヤーズ外野手と当時の球団史上最高額となる6年8300万ドルで再契約。1年前のオフには再び球団史上最高額の8年1億4400万ドルでエリック・ホズマー内野手を獲得した。今回のマチャドを含めて3年連続で大枚をはたきながら、依然として優勝争い参入の準備が整わないのだから、一見すると無軌道な散財を繰り返しているように思える。

マイナーに有望株、将来はタレント集団?

しかし――。今回のマチャド獲得が理にかなっていると感じられるのは、現在のパドレスは、有望な若手、トッププロスペクトをマイナーに多く抱えているからだ。上記のロウ記者が2月上旬に選定したファーム組織のランキングで、パドレスは30チーム中堂々の1位である。大型プロスペクトの呼び声高いフェルナンド・タティス・ジュニア内野手、クリス・パダック投手、フランシスコ・メヒア捕手、ローガン・アレン投手、あるいは昨季デビューしたルイス・ウリアス内野手といった好素材が腕を磨いている。彼らのうちの何人かは、今季中にもメジャーで登用されるはずだ。

繰り返すが、今季、来季くらいにパドレスが優勝を狙うというのは現実的なことではない。ただ、自前の若手タレントの力を考えれば、まだ26歳のマチャドがいまの力を保った2、3年後までにはリーグ屈指のタレント集団に成長する可能性を秘めている。マチャドに法外な額を授けた今回の補強策は、先を見据えた先行投資だ。そういった意味で、再建中ながら、数年後のために菊池雄星を獲得しておいたマリナーズのやり口に少し共通点はあるのかもしれない。

今季、パドレスが再び低迷に陥るようなことがあっても、それは"2014年の繰り返し"ではない。いわば中期視野に立った補強策である。マチャド獲得の成否の判断は、少なくとも5年間は待ってみなければならない。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

メジャーリポートをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
18日のホワイトソックス戦では外角に逃げる変化球を捉え、右手1本で中堅越えの本塁打を放った=共同共同

 昨季は8月に6本塁打をマークした米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平。投手の疲労が蓄積している夏場に本塁打量産も期待されたが、22試合で1本と伸び悩み、ここまで16本塁打にとどまっている。残り30試合を …続き (8/28)

7日のアストロズ戦の三回、左中間に14号2ランを放つエンゼルス・大谷=共同共同

 米大リーグ、エンゼルスで2年目のシーズンを戦う大谷翔平の後半戦に大きな期待が集まっている。右肘手術から復帰して打者に専念する今季は、6月に32安打、9本塁打、22打点といずれも月間自己最多の数字をマ …続き (7/31)

最も安定感のある田中も25日のレッドソックス戦では12失点。プレーオフに向けて先発陣の不安は消えない=USA TODAY Sports

 ヤンキースが久々の世界一に向けて突き進んでいる。7月27日まで宿敵レッドソックスに3連敗を喫したが、それでもまだ8ゲームの大差をつけている。今後、大崩れしなければ、2012年以来の地区優勝の可能性は …続き (7/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。