2019年3月19日(火)
速報 > おくやみ > 記事

日本文学研究者ドナルド・キーンさんが死去 96歳

社会
2019/2/24 10:00 (2019/2/24 10:56更新)
保存
共有
印刷
その他

米国出身の日本文学研究の第一人者で文化勲章受章者のドナルド・キーン氏が24日午前6時21分、心不全のため東京都内の病院で死去した。96歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は養子のキーン誠己さん。

ドナルド・キーンさん(2016年3月)

ドナルド・キーンさん(2016年3月)

米ニューヨーク州生まれ。16歳のとき、飛び級で米コロンビア大学に入学。同大在学中の1940年、アーサー・ウェイリーが英訳した「源氏物語」に夢中になり、日本に関心を持つ。太平洋戦争中、海軍語学校で日本語を学び、海軍通訳士官を務める。

49年コロンビア大大学院東洋研究科博士課程修了。53年京都大大学院に留学、松尾芭蕉、井原西鶴、近松門左衛門を研究する。55年にコロンビア大に戻り、60年教授、92年名誉教授。86年には同大にドナルド・キーン日本文化センターが開設された。

「探求したいのは日本人像」キーン氏の情熱

芭蕉「奥の細道」、吉田兼好「徒然草」、「近松傑作集」といった古典作品のほか、親交のあった三島由紀夫の「近代能楽集」、安部公房の「戯曲集」などの現代文学も英訳、海外に紹介した。その功績が認められ、菊池寛賞、山片蟠桃賞など多数の賞を受けた。2002年文化功労者、08年には外国出身の学術研究者として初めて文化勲章を受章した。

著書に「日本文学の歴史(全18巻)」、「百代の過客」(読売文学賞、日本文学大賞)、「明治天皇」(毎日出版文化賞)、「渡辺崋山」などがある。11年から全15巻の「著作集」を刊行した。日本の伝統芸能の愛好家としても知られ、文楽の技芸員で構成する人形浄瑠璃文楽座の名誉顧問も務めた。

長年日本と米国を行き来する生活を送ってきたが、11年の東日本大震災を機に「日本人と共にいることが重要だ」と永住の意思を固め、翌年に日本国籍を取得した。13年にはニューヨークの書斎などを再現した「ドナルド・キーン・センター柏崎」が新潟県柏崎市にオープンした。

喪主で養子のキーン誠己さんの話

父ドナルド・キーンは、苦しむこともなく、穏やかに永遠の眠りにつきました。自ら選んだ母国で日本人として、日本人の家族を持ち、日本に感謝の気持ちをささげつつ、幸せに最後の時を迎えました。日本文学に生涯をささげ、日本人として日本の土となることが父の長年の夢でしたから、この上なく幸せな一生だったと確信しています。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報