/

コビトカバの赤ちゃん誕生 大阪の生き物展示施設で

大阪府吹田市の生き物の展示施設「ニフレル」は23日、絶滅の恐れがあるコビトカバの雄の赤ちゃんが21日に生まれたと発表した。体長46センチ、体重6.4キロで、母親の後を追って元気に歩き回ったり、親子で昼寝をしたりする様子を館内のモニターで公開している。

大阪府吹田市の生き物の展示施設「ニフレル」で生まれたコビトカバの赤ちゃん(手前、22日、同施設提供)=共同

同施設によると、赤ちゃんは、チリの動物園から来た父親モトモト(5歳)と、シンガポールの動物園から来た母親フルフル(6歳)の間に生まれた。

コビトカバは、野生では西アフリカなどで約2千~2500頭しか生息していないといい、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種となっている。現在国内で13頭飼育されているが、出産の前例は少なく、担当者は「獣医師や飼育員が交代で24時間体制で見守っていた。待ちに待った出産は安産でうれしい」と喜んでいる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン