特大餅持ち上げ力比べ 京都・醍醐寺で五大力さん

2019/2/23 17:47
保存
共有
印刷
その他

京都市伏見区の醍醐寺で23日、特大の鏡餅を持ち上げた時間を競う「餅上げ力奉納」があり、男女57人が力比べをした。「五大力さん」として親しまれ、無病息災を祈る法要「五大力尊仁王会」の行事の一つ。

京都・醍醐寺の「餅上げ力奉納」に挑む女性参加者(23日午後)=共同

紅白2段重ねの鏡餅は、台を含めて女性は約90キロ、男性は約150キロで、持ち上げられない参加者も多い。膝の上に乗せて抱えるように上げると、参拝者らから「よいしょ」「もう少し頑張れ」と声援が送られた。

女性の部は8分3秒で兵庫県姫路市の小学校教頭、田中彰子さん(54)、男性の部は7分59秒で京都市左京区の会社員、伊関寛英さん(28)が優勝した。

パワーリフティングを続けていて4回目の挑戦という田中さんは「あと1分、あと1分と思いながら耐えた。子どもたちに頑張っている姿を見せたかった」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]