/

この記事は会員限定です

[社説]幼保無償化に所得制限を

[有料会員限定]

政府は今年10月からの幼児教育・保育無償化に向け、子ども・子育て支援法の改正案を閣議決定した。3~5歳児は全員が、0~2歳児は低所得世帯が対象となる。約300万人の子どもが恩恵を受ける見通しだ。

高齢者向けに偏りがちな社会保障を見直し、子育て支援や少子化対策を重視する。この方向に異論はない。だが、無償化ばかりが先行するようでは問題がある。

最大の課題は、3~5歳児の無償化に所得制限がないことだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン