カスハラ対策、厚労省が指針作り 被害者の配置転換など

2019/2/24 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は働く人を守る制度の整備を急ぐ。今の通常国会には、職場のパワーハラスメントを防ぐ措置を企業に義務付ける法案を提出する。これを受け、顧客や取引先など社外から受けるハラスメント行為でも企業に対策を求める方針だ。

執拗なクレームや無理難題を突きつけられる「カスタマーハラスメント」は、取引関係の中でも起きる可能性がある。発注元の担当者が優位な立場を生かして、取引相手に接するようなケースだ。企業…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]