2019年3月19日(火)

漁船から海中転落1人死亡 高知県沖、1人不明

社会
2019/2/23 17:06 (2019/2/23 19:22更新)
保存
共有
印刷
その他

23日午前8時半ごろ、高知県沖で操業していた漁船「第三栄丸」(19トン)から「乗組員2人が海中に転落したので救助してほしい」と118番があった。高知海上保安部によると、高知市の浜田勝俊さん(66)が死亡。同市の高橋義明さん(51)が行方不明となった。同保安部などが捜索している。

漁船は高知県漁協浦戸支所(高知市)に所属し、当時4人が乗っていた。漁で使う網を引き上げる作業中、横波の影響で海中に転落したとみられる。現場は高知港の南東約18キロの沖合で、23日午前は風が強く、波が高い状態だった。

竹内栄一支所長は「支所の職員から一報を受けた。まだ状況を把握できておらず、海保と連絡を取りながら対応したい」と話した。

捜索には高知海上保安部の巡視船と巡視艇などの他、海保や消防などのヘリコプターが出動した。浜田さんは第三栄丸の別の乗組員に引き上げられたが、意識がない状態で、その後死亡が確認された。

海保などが詳しい原因を調べている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報