2019年3月25日(月)

真っ赤な丸ノ内線が復活 東京メトロに新型車両登場

社会
2019/2/23 12:41
保存
共有
印刷
その他

東京メトロ丸ノ内線の新型車両「2000系」が23日、デビューした。車両全体がシンボルカラーの赤い色に包まれ、先頭が丸い形をしているのが特徴。1954年の開業当初から走った「300形」は全体を赤くした色合いだったが、88年から使われている現行の「02系」では、赤い色は側面の帯に入っていただけだった。

東京メトロ丸ノ内線の新型車両「2000系」(23日午前、東京メトロ荻窪駅)=共同

2023年度までに53編成全てが、真っ赤な2000系に入れ替わる予定だ。

東京メトロによると、2000系は丸ノ内線の名前にこだわり、車両の先頭のほか、車内の天井も丸みを帯びた形で、直径約1メートルの円形の窓も採用された。充電用コンセントは車両ごとに2口あり、無料でWi―Fiも使える。冷房能力は従来の約1.4倍に強化された。

23日午前7時すぎ、荻窪駅で開かれた出発式では、東京メトロの野焼計史鉄道本部長が「斬新でインパクトのあるデザインに最新の技術を盛り込んだ。これまで以上の快適さをぜひ体験してほしい」とあいさつ。集まったファンらは乗り込むと、思い思いに写真撮影していた。池袋行きの最初の2000系は午前7時半ごろに出発した。

丸ノ内線は、東京、銀座、霞ケ関の各駅を経由し、池袋と新宿方面を結ぶ。1日平均で約135万人が利用する。

〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報