2019年9月17日(火)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
9月17日 146.387 +0.606

[PR]

商品ニュース

米国産大豆の作付面積、19年度は減少鮮明 米農務省見通し

2019/2/22 19:50
保存
共有
印刷
その他

米農務省は21日、2019~20穀物年度の米国産穀物の推定作付面積を公表した。米中貿易摩擦で需要動向が見極めにくい大豆は前年度より減少し、トウモロコシへのシフトが進むと予測する。

大豆の作付面積は前年度比4.7%減の8500万エーカーと、事前の市場予想を下回った。「農家の大豆生産意欲の後退を反映した」(伊藤忠商事傘下の食料マネジメントサポートの服部秀城本部長)との声が聞かれる。

供給が想定以上に減りだぶつき感が和らぐとの見方から、国際価格の指標となる米シカゴ先物(期近)は21日、上昇した。前日比1%高の1ブッシェル9.1ドルまで上げた。

大豆と同じ地域で生産するトウモロコシの作付面積は9200万エーカーと前年度比で3.3%拡大する見通しだ。小麦は1.7%減少するとした。

生産者が栽培作物を決めるのは例年3月ごろとされる。貿易摩擦の動向次第で作付面積が変わる可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。