北海道のメインバンク 北洋銀が10年連続首位

2019/2/22 22:00
保存
共有
印刷
その他

帝国データバンク札幌支店がまとめた2018年の北海道企業のメインバンク調査によると、最多は北洋銀行で、調査を始めた09年以降、10年連続で首位を守った。企業数は2万4638社で、道内シェアは前年比0.2ポイント増の35.1%と、4年連続で増えた。全国順位でもメガバンクなどに次いで5位に入った。

調査は18年11月末時点で、道内企業7万119社(個人経営も含む)を対象に実施。企業がメインバンクと認識している1行を集計した。

2位は北海道銀行で1万538社、シェアは0.1ポイント減の15.0%。18年1月に札幌、北海、小樽の3信用金庫が合併して発足した北海道信用金庫(札幌市)がシェア6.4%で3位につけた。以下、帯広信用金庫(帯広市)、旭川信用金庫(旭川市)、北陸銀行の順となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]