北洋銀と北海道銀、キャッシュレス決済対応急ぐ メルペイにも参加

2019/2/22 22:00
保存
共有
印刷
その他

北洋銀行と北海道銀行がスマートフォン(スマホ)決済サービスへの対応を進めている。両行はみずほフィナンシャルグループのJコインペイへの参加を表明。今春以降にはメルカリ子会社でスマホ決済を手掛けるメルペイ(東京・港)のサービスにも参加して、顧客の利便性を高める。

スマホ決済サービスは、スマホのアプリと顧客の口座を連携して使うものが多い。メルペイは店舗や顧客がアプリでバーコードを表示して決済。読み取り端末にスマホをかざすNTTドコモの決済サービス「iD」にも対応している。

メルペイは全国60以上の銀行と連携する方針で、既にメガバンクやりそな銀行、静岡銀行などと連携している。

スマホ決済サービスは昨年から続々登場している。北洋銀と道銀はみずほFGのJコインペイも4月1日から対応。道銀は今夏以降、北陸銀行と共同で「ほくほくPay」を始める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]