2019年4月24日(水)

長野県須坂市、上信越道IC周辺に2社誘致方針

自動車・機械
北関東・信越
2019/2/22 22:00
保存
共有
印刷
その他

長野県須坂市は上信越自動車道須坂長野東インターチェンジ(IC)周辺の開発で、地元のコネクター部品メーカー、鈴木と産業機械のオリオン機械(同市)の製造拠点を誘致する方針を明らかにした。9.5ヘクタールの土地に、2社の拠点を置く。2022年度をめどに完成を目指す。

21~22日に開いたIC周辺開発の住民向け説明会で明らかにした。鈴木は「まだ詳細は決まっていないが、取引先からの需要があり、市場の成長が見込まれる事業を強化する」としている。使用する敷地は3ヘクタール程度を見込んでいるという。オリオン機械は「産業機械の工場や倉庫を考えている」という。

IC周辺の25.3ヘクタールには商業施設やホテルなどを誘致し、住民や観光客が集まるエリアにすることを目指す。12.5ヘクタールの土地には、物流関連施設を誘致する。いずれも20年度に用地買収と土地造成に着手、21年度の建築工事開始、22年度の完成を目標としている。

市はIC周辺を産業・商業の拠点にしたい考え。2社が利用する9.5ヘクタールのほか、8.8ヘクタールの産業団地整備を予定する。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報