/

この記事は会員限定です

第二の人生は古里再興 かどや保存会事務局長の広野さん

(ストーリー 中部発)

[有料会員限定]

会社を定年退職し、古里の三重県鳥羽市に戻って10年。空き家が連なる商店街再興の先頭に立つ。こんなに忙しいセカンドライフを望んでいたわけではないが、毎日が楽しい。「万事OK」だ。

活動の拠点は鳥羽随一の商家だった「かどや」。鳥羽市に寄贈された後、国の有形文化財登録や修復工事を経て明治期の立派な姿を取り戻した。

●企業経験生きる

どうやって、かどやのイベントに足を運んでもらおうか。かどや保存会のスタッフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン