井村屋G、中島氏が初の女性社長に 大西氏は新事業に注力

2019/2/22 19:06
保存
共有
印刷
その他

井村屋グループは22日、中島伸子副会長(66)が4月1日付で社長最高執行責任者(COO)に昇格する人事を発表した。同社として初の女性社長となる。大西安樹社長COO(60)は取締役となり、3月に設立する新規事業開発のための新会社の社長に就任する。同社が強みとする小豆や肉まんなどの食品関連領域で国内外問わず新事業の立ち上げを目指す。

同社は主力アイス「あずきバー」が過去最高ペースの販売を記録するなど業績は安定している。ただ足元では小豆などの原材料価格が高止まりし、人手不足を背景にした人件費の増加などの懸念もあり、収益源の多様化を狙う。

中島氏は短大卒業後、関東支店長やマーケティンググループ長などを経て18年に副会長に就いた。中島氏が経営全般のかじ取りを担うとともに、大西氏は新会社「井村屋スタートアッププランニング」の社長として他社と連携するオープンイノベーションを活用し、新規事業の育成に力を入れる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]