2019年8月26日(月)

藤田観光、訪日客向けホテルでAIが観光案内

2019/2/22 15:00
保存
共有
印刷
その他

藤田観光は8月に開業する訪日外国人向けのホテルで、近隣の観光情報を音声で検索できる人工知能(AI)コンシェルジュ「タビノシオリ」を導入する。宿泊客がデジタルサイネージ(電子看板)に音声で尋ねると、自動で回答する。日本語、英語、中国語に対応。SNS(交流サイト)との連携でリアルタイムの情報も発信し、ミレニアル世代の需要を取り込む。

藤田観光が導入するAIコンシェルジュ「タビノシオリ」(イメージ)

東京・浜松町に開業する「ホテルタビノス」の1号店に設置する。ホテルのロビーに大型サイネージを2台導入する。AIを活用した音声認識のほか、タッチパネル操作にも対応した。画面上には3D(3次元)地図や天気予報、時刻などを表示。ホテルスタッフが勧める最新スポットや観光ルートも取りそろえた。

若年層の利用を意識し、画面上に画像共有サイト「インスタグラム」の投稿写真も表示する。リアルタイムで話題になっている場所やイベントを調べやすくした。地図上では、実際の電車の運行状況をアニメーションで表現。視覚的に電車の遅延情報などを提供する。

「ホテルタビノス」はミレニアル世代の訪日外国人をターゲットにしたブランド。20年5月には浅草に2号店を開く予定で、AIコンシェルジュの導入も想定しているという。客室単価は1万円前後と同社の既存のビジネスホテルよりも価格を抑えており、若年層の利用を促す考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。