[FT]PR戦で墓穴を掘ったファーウェイ

2019/2/22 15:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)米国法人の広報・渉外担当副社長だったウィリアム・プラマー氏が解雇されてから、もう1年がたとうとしている。

だが同氏は今でも、ファーウェイは安全保障上のリスクであり企業秘密を盗んでいるという米国の主張によって、同社が疑惑の泥沼に引きずり込まれているのを見ると怒りを禁じ得ない。

特に苦々しく思うのがファーウェイの危機対応のあり方だ。

同社創業者の任正非氏は今…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]