はやぶさ2、次の山場は「小惑星に穴」

2019/2/22 13:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小惑星「りゅうぐう」に初めて着陸した探査機「はやぶさ2」は、すぐ次のヤマ場を迎える。上空から金属弾を撃ち込み、地表にくぼ地(クレーター)を作る試みだ。今回のように着陸時に出した小さな弾丸と異なり、上空から地表に向けて直接発射する。地下に眠る物質を採取し、紫外線にさらされていない貴重な物質を採取するのが狙い。りゅうぐうが誕生した当時の姿が分かると期待される。

はやぶさ2は穴を掘る道具を持っていない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]